2007年07月26日

コレステロールって・・

先日人間ドッグに行ってきた。人間年をとるとどうしても体のどこかに偏り、異変などがおきやすくなる・・・と思う。


後日結果を見てみると・・・なになに、コレステロールが高いとの事。ほほう。で、良く聞くんだけどコレステロールってなに?


こういった分野に強い友人に事情聴取したところ・・・


コレステロールとは、体内の脂肪の一種で、体内の細胞膜の構成成分でもあり、ステロイドホルモンや胆汁酸の材料にもなります。また、カラダに貯まりすぎると害になると言われています。


コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。HDLは、血管についた余分なコレステロールを肝臓に運び、動脈硬化の防止につながる働きをします。LDLは、食事によって取り入れられたり、肝臓で合成されたりして、血液を通して全身に運ばれ、細胞膜やホルモンの合成に使われるのですが、量が多くなると傷ついた血管壁に付着してしまい、血管を細くして動脈硬化の原因となってしまいます。


コレステロール(悪玉)が血液中に増える要因としては、中性脂肪もかかわりがあります。中性脂肪は本来貯蔵用のエネルギーですが、血液中に中性脂肪が増えるとHDLが減ってLDLが増えるのです。つまり、中性脂肪の増加は動脈硬化の原因となるのです。


コレステロールを減らすには、バランスのよい食事が重要です。蛋白質では肉類だけでなく魚類や大豆製品も摂取するように心掛けることです。また適度な運動(散歩やウォーキング、水泳等)で脂肪を燃焼させることも大切です。
posted by blend at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49217912

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。