2006年09月01日

多汗症対策とは?

暑くなると、どうしても汗の量が増えますが、その時困るのが汗の臭いですね。臭いが出るのは、汗が出るからで、汗を抑えることが出来れば、臭いも抑えることが出来ますよね。そういったロジックから多汗症対策について調べてみました。

人が持つ汗腺は、汗を分泌する場所ですが、これにはエクリン汗腺とアボクリン汗腺があります。この2種類の汗腺のうち、アボクリン汗腺がワキガの原因になります。

ワキガの原因とならないエクリン汗腺は、塩分と水分を分泌しますが、アボクリン汗腺は、アンモニア、脂質、アミノ酸等様々な物質が分泌されます。そのアボクリン汗腺から分泌される物質が混合されてワキガの臭いを形成しております。

多汗症の場合は、アボクリン汗腺に加えて、エクリン汗腺も影響しております。

ワキガの大きな原因ともなっているアボクリン幹線。このアボクリン汗腺の除去が多汗症対策の大きなポイントとなります。

エクリン汗腺が全身の中でも皮膚の浅い部位にあるのに対して、アボクリン汗腺は脇の下、外耳、陰部など皮膚の深いところにあります。

美容外科で多汗症の問題を解決するには、アボクリン汗腺とエクリン汗腺の除去が必要となるのです。
posted by blend at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23087603

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。