2006年09月23日

バスとアップ-傷が残らない方法-

バストアップはしたいが傷が残ってしまうのが怖いという人も多いはず。確かに今までのバストアップ方法では、傷跡の残りという心配がありました。

そこで新しいバストアップ方法が誕生しました。その新しいバストアップ方法は、ラウンドブロック方法というバストアップ方法です。

ラウンドアップ方法とは、乳輪のラインに沿って切除して、そこから余分な皮膚と脂肪を取り除いて、乳輪のラインに沿って縫い合わせるという方法です。

このラウンドアップ方法ですと、傷は乳輪の淵のみで、更にこの傷は乳輪の色素の中に隠れるので、目立たないんです。

傷が気になる人にはお勧めのバストアップ方法ですね。

posted by blend at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊胸術について

女性なら誰でもセクシーなボディ、豊満な胸、などに憧れてしまいますね。今日の金スマに出演されていた武田久美子さん、素敵でしたね。

豊かな胸は、セクシーシンボルの一つですから。やはり小さな胸を大きくする豊胸って気になります。

豊胸と言っても、種類はたくさんあるみたいですね。ちょっと調べてみました。豊胸術でよく行われるのが、乳腺下法だそうです。さらに乳腺下法にも種類があってひとつは、乳輪の周辺から切開する方法。そしてもうひとつは、アンダーバストから切開する方法だそうです。

豊胸術以外にも豊胸方法はあるみたいですね。
胸が大きくなるサイト 〜胸が大きくなる方法を探せ!〜
posted by blend at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

プチ整形で二重にする

最近流行のプチ整形ですが、その中でもとりわけ多いのが二重の手術。まあプチ整形の場合、手術と言うかは疑問ですが。

プチ整形で二重にする方法は、いくつかありますが、有名なのは埋没法という奴ですね。プチ整形の埋没法については、ここ⇒<美容外科で二重まぶたの手術
で解説しておりました。

まぁ、プチ整形の埋没法は、簡単に言うとまぶたの裏から細い糸を、まぶたを裏返して、軟骨から通して、まぶたの二重ラインに付けたいところ皮膚の下に結んで埋没させるという方法です。

プチ整形での、この埋没法は施術時間が非常に短いんです。だいたい、両目で5分から10分といたところです。埋没法による二重まぶた施術は、終わったらそのまま帰宅できます。しかも通院、ましてや入院なんていうものは一切必要ありません。

早いし、リスクもとても少ない方法なんですね。
posted by blend at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

シワとたるみの原因について

まずは皮膚の構造について。皮膚は、表皮、真皮、皮下組織という3層構造になっております。

表皮は、主に外部からの刺激から皮膚を守ります。真皮は、血管、皮脂腺、汗腺、リンパ管、末梢神経、毛根など数種類の細胞群から成り立っています。皮下組織は、皮下脂肪を蓄積しております。

シワとたるみは、皮膚の老化が原因です。皮脂組織機能の低下、コラーゲンやエラスチンなどの減少です。
posted by blend at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

多汗症対策とは?

暑くなると、どうしても汗の量が増えますが、その時困るのが汗の臭いですね。臭いが出るのは、汗が出るからで、汗を抑えることが出来れば、臭いも抑えることが出来ますよね。そういったロジックから多汗症対策について調べてみました。

人が持つ汗腺は、汗を分泌する場所ですが、これにはエクリン汗腺とアボクリン汗腺があります。この2種類の汗腺のうち、アボクリン汗腺がワキガの原因になります。

ワキガの原因とならないエクリン汗腺は、塩分と水分を分泌しますが、アボクリン汗腺は、アンモニア、脂質、アミノ酸等様々な物質が分泌されます。そのアボクリン汗腺から分泌される物質が混合されてワキガの臭いを形成しております。

多汗症の場合は、アボクリン汗腺に加えて、エクリン汗腺も影響しております。

ワキガの大きな原因ともなっているアボクリン幹線。このアボクリン汗腺の除去が多汗症対策の大きなポイントとなります。

エクリン汗腺が全身の中でも皮膚の浅い部位にあるのに対して、アボクリン汗腺は脇の下、外耳、陰部など皮膚の深いところにあります。

美容外科で多汗症の問題を解決するには、アボクリン汗腺とエクリン汗腺の除去が必要となるのです。
posted by blend at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。